浜田の「のどぐろ」が美味しいワケ


のどぐろ(アカムツ)の産地は全国に多数あるのですが、その中でも山陰沖の漁場で獲れた浜田産ののどぐろは最高峰といわれています。

のどぐろの魅力は「白身のトロ」とも言われるほどの脂ののりですが、浜田ののどぐろはこの脂ののりが抜群に良いのです。

のどぐろの脂質について

のどぐろの脂質について

このグラフは島根県水産技術センターが調査した浜田沖ののどぐろ(アカムツ)と、九州産のマグロの脂身(トロ)、九州産ののどぐろとの脂質含有量の違いを調査したものです。(お役所ですから地方名の「のどぐろ」ではなく、正式名の「アカムツ」と表記されてますね)。グラフからも分かるとおり、浜田沖ののどぐろは他の地域ののどぐろと比較して、圧倒的に脂ののりがよく、旬の最盛期にはマグロのトロにも匹敵するほどなのです。

ではなぜ、浜田沖ののどぐろだけが脂ののりが良くなるのでしょう?理由としては様々な説がありますが最も有力なももとしては、山陰沖の海域にはカラヌスという身体の半分が脂質で構成されたプランクトンが他の地域よりも多数生息しているのです。そのためこのプランクトンを餌とする魚の脂質含有量が増えるのではないかと考えられています。同じ浜田沖の海域で獲れるアジも他の地域のアジと比べて脂ののりがよい事が知られています。

山陰の栄養豊かな海で育まれた事によって、脂質の豊かなのどぐろに成長しているのです。

コメントは受け付けていません。