のどぐろの塩焼き


のどぐろ塩焼き

のどぐろの塩焼き

脂の乗ったのどぐろの塩焼きは絶品です。

のどぐろの煮付けのようなむせ返るほどの濃厚な味ではなく、程よく脂が落ちてとろけるような身と、ほのかに甘い脂の旨みが魅力です。のどぐろの煮付けは濃厚すぎてちょっと苦手なかたは、塩焼きがおすすめですよ。

浜田市内の居酒屋では、のどぐろの塩焼きや煮付けは定番メニューとして扱っているお店もありますので、浜田にお越しの際は是非召し上がって頂きたい料理です。

塩焼きは家庭でも比較的簡単に調理できますので、のどぐろを手に入れて挑戦してみるのもおすすめです。

まず下ごしらえとして、のどぐろのエラとアギを取り出し、全体にまんべんなく塩をふりかけ約10分ほど置きます。尾びれは焦げやすいので多めに塩をつけて化粧塩をしておきます。

のどぐろは皮が薄い魚なので網に皮がくっついてしまわないように、網は汚れを落とした綺麗なものを使い、予め網を十分に予熱しおきます。途中で焼き加減が気になりますが、むやみにひっくり返さずにじっくりと焼いていくのがポイント。薄くペラペラの皮ですがしっかりと焼き目が付けば案外綺麗にひっくり返せるのもです。

コメントは受け付けていません。