脂ののり抜群! 浜田の「のどぐろ」


港町浜田が誇る高級魚「のどぐろ」

山陰有数の港町、浜田港で漁師にのどぐろについて質問すると、皆誇らしげに語りだします。

「浜田の味を知ったら、他所で獲れたのどぐろは食べられんね」
「浜田のは脂の乗りが全然違わあね」
「口に入れたときの甘さが違うんよ」

山陰沖の海域は良質で脂質が豊かなプランクトンが豊富に生息していることが知られており、良質な餌をたっぷり食べて育ったのどぐろが美味しいのは当然のことなのかも知れません。

地元、浜田の漁師が日本一の自信と誇りをもって水揚げする「のどぐろ」。日本で一番旨いのどぐろの産地浜田から、のどぐろの魅力をお伝えします。

浜田の水産ブランド「どんちっち」

浜田市では市を代表する魚、「アジ」、「のどぐろ」、「カレイ」をどんちっち三魚と定めブランド化を推進しています。ブランド化推進委員会ではどんちっちブランドに関しての厳しい基準を設け、条件を満たしたものだけが、どんちっちを名乗る事が許されます。

のどぐろに関しても、漁期や大きさ、加工方法などの規準があり、すべての条件を満たしたものだけが「どんちっちのどぐろ」として出荷されます。

どんちっちのどぐろについて

干物だけじゃない!のどぐろの美味しい食べ方

通販サイト等で扱われているのどぐろといえば圧倒的に干物がおおいので、のどぐろと言えば干物(一夜干し)と考えられている方が多くいらっしゃいますが、干物の他にも、刺身や煮付け、塩焼きなど美味しい調理法がたくさんあります。

その他、お茶漬けやふりかけ、炊き込みご飯の素等、のどぐろの風味を生かした製品も多数開発され販売されています。

干物だけじゃないのどぐろの美味しい召し上がり方についても紹介していきます。